スーパーコンパニオンの延長

浮き足立つという言葉があります。

別に、悪い言葉ではないと思います。

楽しいとき、わくわくするとき人は浮き足立つモノなのではないでしょうか?しかし、浮き足立った自分を認識しないととんでもないことになる場合がありますよね?特にお酒が入っている場合というのは、気持ちも大きくなり勢いも出てきてしまって、浮き足立つどころかハメを外してしまって大変なことになりがちです。

皆さまにも覚えがあるのではないでしょうか?カラオケで、1時間のつもりがつい…。

とか、キャバクラであまりに楽しかったので延長し過ぎたうえに、酒を飲ませ過ぎ、食べ物も食わせ過ぎて会計が、ぼったくりじゃないのに凄いことになってしまった…。

など色々な経験があると思います。

さて、いよいよ本題のスーパーコンパニオンの話なのですが、スーパーコンパニオンも基本はカラオケやキャバクラなどと同様に最初に決めた時間からの延長制になっています。

…ということは、先ほどのカラオケやキャバクラのようになりがちですね。

また、スーパーコンパニオンの扱いがうまくないと次から次に仕切られてしまいおいてけぼりになったあげく何も出来ないという場合もありますので、場に流されない、自分の状況をよく知ることがうまい楽しみ方への第一歩だと思います。