スーパーコンパニオンは安全?

よく、温泉地などの観光地の風俗街は、もう、ぼったくられるものだ。

それが当然だ!そのぼったくられるのも旅の醍醐味だ!というかたの話を聞いたりします。

確かに、昔から温泉地などはその印象があるように思います。

現在、世界的な映画監督になった元漫才師の北野たけしさんの自伝的な名著「漫才病棟」にも、温泉地の旅館での営業でストリップの司会を相方とやって舞台袖で待機している、これから紹介する踊り子さんを見たらトンデモない踊り子さんだった…案の定、舞台に出ていったら、お客さん(入場料壱万円)の罵詈雑言だった…といった内容が面白く書かれています。

皆さまもそんな、温泉地などの風俗での武勇伝?が少なからずあるのではないでしょうか?しかし、武勇伝というかネタというか、ぼったくりというか泣き寝入りばかりあっても面白くありませんよね。

旅行は、楽しみに行くものです。

なら、どうしたら楽しめるのでしょうか…。

1つの可能性として、スーパーコンパニオンを呼ぶという技があります。

スーパーコンパニオンは、いわゆる、おさわり専門で、オプションによっては、その先もあるコンパニオンさんのことなのです。

指命なども出来ますのでぐっと危険性は減るのではないでしょうか?